株式会社東屋

茶箱が作られはじめたのは、大正時代。

当初、中は紙貼りだったという。

現在は、茶葉の保管に適した紙袋が開発され、

その袋に詰めた茶を、ダンボールに入れて流通させているのが大多数。

時代の趨勢によって、茶箱を作る会社も、

土屋製函所を含め、静岡県内にわずか4、5社に減少した。


「今やってるのは、皆、私と同世代。若い人はいないです。

何しろ、手のかかる仕事なんでね。

材料を入れたら、全部組み上がって出てくるならいいけど、

鈴子さんが使う、ハンダの棒。
その他の仕事道具もすべて、使い込まれて手に馴染んでいる。

何もかも、手でやらないといけないもんで。

経験のある職人でないと、仕事にならないし、

商売としては大変ですよ」


しかし、注文が途切れることはない。

かつて一般の家庭の押入れに保存箱として用いられたのは、

本来の用途である茶の流通を終えたのち、小売店から家庭に譲られたもの。

その縁で現在も、小売店や問屋経由で茶箱の注文を受けることがあるという。


「用途はけっこう広いですよ。うちでも使ってます。

おもに衣類や書類を入れたり。あと、食材やなんかも。

湿気を嫌う米とか海苔とかには、とくにいいでしょうね」

板の表面を削る自動プレナ(電動カンナ盤)。
かなりの年代物だが、中に入れると、一瞬の轟音ののち、表面が滑らかになった板が現れる。

電動工具の使用は最小限。人手も最小限。

刃物は、今も自分の手で研ぐ。


「若い人はなかなかやりたがらないけど、

それが、昔の姿だよね」 


現在は、土屋さんと妻、妻の妹夫婦の4人で、

サイズ違いの茶箱を製造している。

誠実な仕事ぶりに注文が相次ぎ、

「土曜日が休めなくなっちゃった」と土屋さんは苦笑い。

いつまで続けられるか、と言いながら、

その背はしゃんと伸びている。


「結局は、仕事があるからだよ。

ある程度は体を動かしていないと、こっち(頭)がおかしくなっちゃう。

人間、何かしてなくちゃ、だめだよね」


表情は、茶箱の佇まい同様、清々しい。

生業があるということ。その確かさ。

完成し、出荷を待つ箱。
板の継ぎ具合、節の目張りなど、同じように見えて、ひとつひとつに個性がある。

繁忙期は、現在も、やはり茶が生産、出荷される4月末から6月。

取材時は、ちょうどその入り口に当たっていた。

ふと、工場の奥の窓の外から、青々しい香りが流れ込んでくるのに気づく。

新茶の香りだ。


「あっちに製造所があるからね。

こっち(入り口)からは、焙じ茶の匂いがするでしょ。ほら」


鈴子さんに呼ばれて行くと、確かに、香ばしい匂いがふんわりと漂っていた。

その前を、学校帰りの子どもたちが通り過ぎていく。

何十年も変わることのない、茶町の初夏の風景。

茶箱同様、この先も、長く受け継がれていくことを祈りたい。

土屋製函所

静岡県藤枝市/茶箱製造
東屋で扱う茶箱は 5 kg・10kg・20kg・40kg。それぞれに高さが約半分の「平」タイプがあり、全部で8型。写真左が鈴子さん、右が妹の飯塚勝代さん。ふだんはもうひとり、飯塚さんの夫・洋さんが加わる。

製品一覧