株式会社東屋

◎カッティングボード

カッティングボード

◎歴史的に、そして今でも、まな板を使う習慣のない国は、実はけっこう多いのだそうです。日本の調理文化を支えてきたこの厨房道具を、暮らしの中でより多彩に使うために、新しいフォルムで作りました。

◎呼び名は「カッティングボード」。通常のまな板よりも薄く軽量で、料理を乗せてテーブルに出すなど、食器のひとつとしても使えるようデザインしました。洋風、和風、あらゆる料理にマッチします。

◎素材は、北海道産の広葉樹・山桜。木肌が美しく、また適度な強度があり、表面が傷つきにくい特徴を持っています。また、周囲に銀杏面と呼ばれる細い溝を彫り、丸みをつけることで、角が直接当たらず、見た目にも柔らかな仕上がりになりました。

◎表面に胡桃油を塗ってあるため、水分、油分のある料理を乗せても染みにくく、扱いやすい作り。メインディッシュのローストビーフや丸ごとのチキン、パンや果物、食後のケーキなどを目の前で切り分ければ、おもてなしの場が華やぎます。

◎使用後は、表面の汚れをよく落とし、水を切って陰干しを。直射日光を当てることは、反りやひび割れの原因になるので、お避けください。

カッティングボード
素材
山桜、胡桃油
製造
小栗正彦(岐阜県恵那市)
山一(長野県木曽郡)
デザイン
猿山修 GUILLEMETS + SARUYAMA
 
 

*価格は税別です。
*寸法、容量、重量の数値は、個体差があります。

表