株式会社東屋

◎丸急須 後手

丸急須 後手

◎名前の通り、ころんと丸みのある形。見ているだけで頬がほころぶ、愛らしい急須を作りました。製造は、日本の急須の伝統産地である愛知県常滑市です。

◎優しいフォルムに、日本の急須作りの技術の粋を集めました。茶葉の出し入れがしやすい、広い開口部。液だれせず、もっともおいしい最後の一滴まで注ぎ切れる口の構造。内部で茶葉を蒸らすのに必要な蒸気を逃さない蓋の密閉性は、蓋と本体を摺りつけて作る「蓋摺り」と呼ばれる工程を経た証です。

◎そして、もっとも緻密に作られているのが、内部に取り付けられた茶漉しの部分。本体と同じ素材の陶板に繊細な穴を空けて作られるこの茶漉しを、並細、極細の2型でご用意しました。

◎並細は、比較的大きな茶葉用に。さらに穴の小さな極細は、深蒸し茶や玉露などの細かい茶葉をしっかりと漉します。

◎やや腰高の優美なシルエット、右手でも左手でも扱いやすい「後手〈うしろで〉」と呼ばれる持ち手は、日本茶のみならず紅茶、中国茶などにもよく合います。

◎そして、把手の小さな突起は、鋏についている指掛けをイメージしたもの。薬指か中指を引っ掛けて安定させると同時に、デザインのポイントにもなっています。使い勝手も用途も幅広い、ユニバーサルな個性を備えた急須です。

丸急須 後手
素材
烏泥
製造
高資陶苑(愛知県常滑市)
デザイン
猿山修 GUILLEMETS + SARUYAMA
原型
金子哲郎(佐賀県有田町)
寸法
幅147×奥行88×高さ84mm
容量・重量
255ml・135g
価格
極細/¥5,800 AZTK00111
並細/¥5,800 AZTK00109
 
 

*価格は税別です。

表